障がい者ITサポートおきなわのミッション

NPO法人 沖縄県脊髄損傷者協会は脊髄損傷により、歩行や四肢に障がいを持つ仲間で構成されている障がい当事者団体です。
私たちは“ピアサポート”を通して障がい者の社会参加を応援させていただきました。その中で、障がいが重度であればあるほどにパソコンやインターネットといったIT活用は必要性があり、多くの仲間たちが“可能性”を広げました。
重い障がいを持っていても“社会参加したい”“働きたい”を望む方々へ、ITを活用して在宅就労も含めた多様な就労環境作りにチャレンジしていきます。

障がい者就労継続支援A型事業所とは?

障がい者総合支援法に基づいて運営され、「雇用」と「就労支援」の二つを兼ね備えた事業所です。障がいをかかえていても社会に貢献したい、仕事をしたい、自立したい、その準備をしたい、給料をもらいながらスキルを身につけたい等の希望の実現をお手伝いします。

障がい者就労継続支援A型事業所について

支援スタッフ紹介

    • 所長・サービス管理責任者
    • 仲根 建作(なかね けんさく)
    • 頸髄損傷の四肢障がいの車いすユーザー。福祉現場25年従事で社会福祉士。“打てば響き合う”による連携がモットー。制度の谷間、隙間を埋める視点で支援します。
    • 生活支援員
    • 仲根 藤江(なかね ふじえ)
    • 障がいを持つ夫との生活を活かして落ち着いた就労継続をサポートしていきたいと思っています。 「過去は変えられないが未来を変えることはできる」をモットとしています。
    • 生活支援員
    • 小倉 広大(おぐら こうだい)
    • 私は福祉の仕事が初めてで、わからないことばかりですが、スタッフお一人お一人の目標に向けて寄り添いのできる支援者になりたいと思っています。
    • 職業アドバイザー
    • 山川 朝教(やまかわ とものり)
    • 重度のギラン・バレー症候群の後遺症による四肢麻痺で車いすユーザー。元IT系企業の経営者。ITの力で障がい者の就労を支援していきます。

障がい者ITサポートおきなわの風景

Illustrator・Photoshopを操作してのチラシ作成作業
業務中風景
外部講師によるビジネスマナー研修
内部研修
福祉機器展示会開催サポート業務
事業所外観
バリアフリートイレ
バリアフリー対応機材と環境
様々な入力補助機器

取引先企業様募集

弊社では、事業所で行う業務を募集しております。

弊社と業務委託契約を締結して頂き、当事業所で障がいのある方々が作業を行います。
仕上げや最終チェック等は職員が責任を持って行います。

社会貢献に積極的な企業として認知され、社会的なイメージの向上につながります

沖縄県脊髄損傷者協会について

障がい者ITサポートおきなわの上部団体で、事務所を兼用しています。
また代表者の仲根建作氏は、障がい者ITサポートおきなわの所長と沖縄県脊髄損傷者協会の理事長を兼務しています。

NPO法人沖縄県脊髄損傷者協会はこちらから

主たる対象者 身体障害者/難病者/精神障害者 給与 時給715円
就業日 月曜日~金曜日 就業時間 9:00~17:00(週20~35時間)
休日 土・日・祝祭日 待遇 雇用/社会保険完備

会社概要

運営団体 NPO法人沖縄県脊髄損傷者協会
事業所名 就労継続支援A型事業所 障がい者ITサポートおきなわ
設立日 2015年10月1日
所在地 〒901-2121 浦添市内間5-4-3 ハウジングシーサー101号
TEL (098)961-6715
FAX (098)961-6716
ホームページ http://ict.okinawa/
所長 仲根 建作
会社外観