名刺から始めるバリアフリー

名刺交換で一番大切な事は、相手に覚えてもらう事。

視覚に障がいのある方とのコミュニケーションツールとなるのはもちろんの事、名刺のインパクト、社会貢献、イメージアップにもつながります。

点字のルール

  • 分かち書き
  • 点字はいわばカナ文字(表音文字)だけで成り立っているため、正しく読み・理解するために、「分かち書き」という文章ルールがあります。これは、文節の間に区切りとしての空白を挿入し、文章を分かりやすく伝える手法です。
    例えば、「キョウハイチニチタノシカッタ」と表記すると、見た目で分かる通り、読みにくいです。
    「キョウハ イチニチ タノシカッタ」と表記する事で、視覚障害者はより文章を理解しやすくなるのです。

  • 長音
  • 点字では「は」「う」「へ」は、発音通り、「わ」「ー」「え」と書く時があります。
    「こんにちは」は「こんにちわ」へ、「こうこうせい」は「こーこーせい」と、なります。

  • 数字の入れ方
  • 点字で数字を表記したい時は、必ず「数字です」という記号を入れる必要があります。
    「098-961-6715」の場合「 数符 098- 数符 961- 数符 6715」という表記になります。

料金(2017年12月現在)

1枚 : 10円

  50枚 100枚
価格 500 円 1,000 円

※上記の料金は、すべて税別です。

  • 点字文字は全て「ひらがな」で1行の文字数は16文字です。
  • ご注文は50枚から受け付けます。